サラ サーヤ 野呂ブルーベリー - 農園名 野呂高原ブルーベリー 農園主 中別府幸二

血糖値Jump to navigationJump to search自己血糖測定システム

血糖値(けっとうち、blood sugar concentration / blood glucose level)とは、血液内のグルコースブドウ糖)の濃度である。健常なヒトの場合、空腹時血糖値はおおよそ80-100mg/dL程度であり、食後は若干高い値を示す。

ヒトの血糖値は、血糖値を下げるインスリン、血糖値をあげるグルカゴン、アドレナリン、コルチゾール、成長ホルモンといったホルモンにより、非常に狭い範囲の正常値に保たれている。体内におけるグルコースはエネルギー源として重要である反面、高濃度のグルコースは糖化反応を引き起こし微小血管に障害を与え生体に有害であるため、インスリンなどによりその濃度(血糖)が常に一定範囲に保たれている。目次

1 血糖調節メカニズム 2 高血糖 2.1 尿糖 3 低血糖 3.1 低血糖症の分類 3.1.1 空腹時低血糖 3.1.2 食後低血糖 3.2 ヒト以外の動物における低血糖症 4 関連項目 5 脚注

血糖調節メカニズム

血糖値は、通常の状態では血糖を下げるインスリンと血糖を上げるグルカゴンの作用によって調節されている。食事後血糖値が上昇すると、グルコースはGLUT2トランスポーターまたはGLUT1トランスポーターを通って膵臓のランゲルハンス島細胞に流入する。グルコキナーゼ(膵細胞と肝臓にしか発現しない)の作用によりグルコースグルコース-6-リン酸になると、細胞内にカルシウムイオンの流入が起こりインスリンが放出される。

インスリンの血糖降下作用は3つの経路による。

インスリンは肝臓でのグリコーゲン合成を促進し、糖新生とグリコーゲン分解の双方を抑制する。 インスリンは骨格筋と脂肪組織でのグルコース取り込みを促進する(グルコーストランスポーターの動員による)。脂肪細胞では取り込んだグルコース中性脂肪に変換する。 インスリンは膵細胞に入って直接グルカゴンの産生を抑制する。

高血糖詳細は「糖尿病」および「高血糖症」を参照

血糖上昇に対する防御機構を、動物はほとんど備えていない。たとえばヒトの場合、健康な人は糖質1g で 1mg/dl の血糖値上昇が生じ[1]2型糖尿病患者では糖質1g で 3mg/dl 上昇する[1]。例えば、糖がたっぷりの清涼飲料水を毎日大量に飲んだりアイスクリームの大量摂食で容易に糖尿病性ケトアシドーシスと言った重篤な疾患を起こし得ることが知られており、これはペットボトル症候群[2]と呼ばれ、進行すると2型糖尿病を発症する。

血糖値が高くなったとき、それを調節するホルモンはインスリンだけである。このたった1つの調節メカニズムが破綻した場合、糖尿病を発症することになる。低血糖における四重の回避メカニズムとは対照的である。破綻の仕方には大きく分けて2種類ある。

インスリンの分泌が低下した場合 インスリンは出ているものの、それによる血糖降下作用がうまくいかなくなった場合(インスリン抵抗性が出現している場合)

尿糖

血糖値がおよそ180mg/dLを越えると、腎臓の尿細管でグルコースの再吸収が追いつかなくなり尿に排出されるようになる。つまり尿糖は糖尿病の原因ではなく結果である。例として、スクロース(ショ糖)180g程度以上を一度に摂取すると健常人であっても一過性の糖尿を生ずる。これは食品成分表のコーラ・缶コーヒー等に示される量を基にすると2.5リットル前後(約1100kcal)に相当する。低血糖詳細は「低血糖症」を参照

極度に食事を摂らなかったり、糖尿病の薬を飲みすぎたり、特別な病気があると低血糖症を引き起こしやすい [3][4]。また、これらの状態で激しい運動を行った時には、低血糖症がより起こりやすくなる。

人体には低血糖に対し数段階の回避システムが用意されている。

血糖値が約80mg/dLを下回ると、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌が極端に低下する。 約65-70mg/dLに低下すると、血糖値を上げるホルモンであるグルカゴン、アドレナリンが大量に放出され始める。 約60-65mg/dLに低下すると、3番目の血糖値を上げるホルモン、成長ホルモンが放出される。 最後に60mg/dL以下になると、最後の血糖値を上げるホルモン、コルチゾールの分泌が亢進する。

血糖値が50mg/dLを下回ると、大脳のエネルギー代謝が維持できなくなり、精神症状をおこしはじめ、さらには意識消失を引き起こし、重篤な場合は死に至る。ただ上記のような回避システムが血糖値50mg/dlにまで低下するのを防いでいるため、通常は意識に異常をきたすには至らない。しかしながらアドレナリンが大量放出されることに伴い、交感神経刺激症状が現れる(低血糖発作の症状はこれによる)。例としては、大量の冷や汗、動悸、振戦、譫妄などである。アドレナリン、ノルアドレナリンによる諸症状として、精神症状は、にらんでいるような顔つきになり、暴力をふるったり、奇声をあげたりすることがある。身体症状は心拍数や拍出量の増加、血糖と脂質の上昇、代謝の亢進、手足の冷え、呼吸が浅い、眼の奥が痛む、動悸、頻脈、狭心痛、手足の筋肉の痙攣、失神発作、月経前緊張症、手指の震えなどがある。低血糖症の症状のなかでも、細胞のエネルギー不足で起こる症状は、異常な疲労感、日中でも眠気をもよおす、集中力欠如、めまい、ふらつき、健忘症、光過敏症、甘いもの欲求などがあげられる。

これらの低血糖回避メカニズムは、脳が低血糖状態を検出し、血糖を上げるホルモンを動員するよう命令することで開始される。糖尿病治療中やインスリノーマなどの疾患で低血糖症を頻発すると、あまりに頻繁に低血糖状態を脳が検出するために、ある程度の低血糖症では回避システムが働かなくなってしまう。より正確に言うと、脳内の低血糖を感知する領域では細胞外のグルコースをそのまま取り込むことによって血中グルコース濃度をGLUT1トランスポーターがモニターしており、低血糖を頻繁に起こすとこのGLUT1トランスポーターの転写が低下し調整不足をおこす。50mg/dLをきっても発動しないようになると、低血糖発作をおこさないまま精神症状がはじまる。10-20mg/dLをきっても発動しなくなると、低血糖発作をおこさないまま意識がなくなり死亡することもある。

逆に、管理が適正に行われていない糖尿病患者などにおいては、あまりに高血糖状態が続くため、100mg/dL前後のような普通は低血糖とはみなされないような濃度でも低血糖発作をおこしてしまう。これは脳のGLUT1トランスポーターが調整過剰になっているためである。

治療としては基本的には血糖値が70mg/dL以下のときは40kcalほど摂取することが望ましいとされている。経口摂取が可能な場合はブドウ糖10gやグルコレスキューを1袋、インタクト5個といった糖分補給を行う。もちろん糖分を含む飲み物を摂取しても同じである。意識障害があったり30mg/dL以下の低血糖や経口摂取が不可能な場合は点滴で即急に治療する。5%ブドウ糖液50mLに50%ブドウ糖液20mLを混注して点滴投与する方法がよく知られている。

なお、飢餓などの場合により徐々にグルコース源が枯渇し低血糖となった場合、脂肪酸の酸化によるアセチルCoAから肝臓で生成されたケトン体が脳関門を通過することができ[5][6][7]、脳関門通過後に再度アセチルCoAに戻されて脳細胞のミトコンドリアのTCAサイクルでエネルギーとして利用される[8][9]。低血糖症の分類

低血糖症は、空腹時低血糖と食後低血糖に大きく分けられ、その分類法は診断に大いに有用である。空腹時低血糖

症状

ウィップルの三徴(Whipple's triad)を呈する。 発作時低血糖(50mg/dL以下) 中枢神経症状を伴う低血糖発作 ブドウ糖の静脈注射による急速な回復 症状は、空腹・欠伸・悪心で始まり、倦怠感が強くなり、やがて発汗などの交感神経症状が現れる。さらに低血糖が進行すると、異常行動が出現し、深昏睡に至る。

代表的な原因 糖尿病治療薬、ペンタミジン、キニーネなどによる薬剤性 副腎不全(副腎皮質ホルモン剤の急な中止など) インスリン産生腫瘍(インスリノーマなど) 肝細胞癌はそれそのものがインスリン様物質(IGF-II)を産生し、低血糖症の原因となることがある(腫瘍随伴症候群) 肝不全 重篤な慢性疾患(癌など何でも) 自己免疫性低血糖インスリンインスリン受容体・膵島細胞に対する自己抗体による)

緊急対応

治療は緊急を要する。糖質の多い飲食をさせたり、50%ブドウ糖液を20-40mL静注することで多くは回復する。それでも意識が回復しない時は、ヒドロコルチゾンを静注。それでもまだ意識が回復しない時は、マンニトールを静注する。 意識障害患者には、血糖を確認することなく時間のかかるCT検査などをすることは禁忌である。つまり意識障害の原因が低血糖ではないことを先に除外することが基本とされている。

食後低血糖

胃切除後、ダンピング症候群などでみられる。また、糖尿病のごく早期には、あまりに高い血糖値を下げようと大量にインスリンが分泌され、かえって低血糖症をひきおこすことがまれにある。ヒト以外の動物における低血糖症

イヌではインスリノーマを原因とすることが多く、神経症状、虚弱、失明を引き起こす。また、キシリトールの摂取により発症する[10]。 ブタでは出生直後は糖新生酵素が不完全であるために低血糖を引き起こしやすく、神経症状を示す。

関連項目

糖尿病 ヘモグロビンA1c グリコアルブミン 糖新生 糖尿病の検査 経口ブドウ糖負荷試験

脚注[ヘルプ]

^ a b 大櫛陽一、春木康男、宗田哲男 ほか、超低糖質食評価研究から見えてきた食事指導の問題点 脂質栄養学 Vol.19 (2010) No.1 P53-58, doi:10.4010/jln.19.53 ^ みかん缶詰・アイスクリームの大量摂取を契機に清涼飲料水ケトーシスと同様の病態を来たした1例 糖尿病 Vol.52(2009) No.3 P255-258 ^ メルクマニュアル家庭版 低血糖 ^ 内科診断検査アクセス 低血糖症 関根信夫 ^ 太田成男 「体が若くなる技術」Qケトン体合成. 講義資料. 福岡大学機能生物化学研究室. 2011年10月18日閲覧。 ^ イラストレイテッドハーパー・生化学 丸善 P.127,P.161〜 ^ 犬のキシリトール中毒について公益社団法人 日本獣医学会

執筆の途中です この項目は、医学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:医学/Portal:医学と医療)。カテゴリ:

血液検査内分泌学糖尿病

案内メニュー

ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン

ページ ノート

閲覧 編集 履歴表示

検索

メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード (ウィキメディア・コモンズ)

ヘルプ

ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ

ツール

リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用

印刷/書き出し

ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン

他のプロジェクト

コモンズ

他言語版

??????? English Espaol Franais Bahasa Indonesia ??? Portugus Русский 中文

リンクを編集

最終更新 2017年8月8日 (火) 04:10 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。 テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。

プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 Cookieに関する声明 モバイルビュー

Wikimedia Foundation Powered by MediaWiki